• ほうれん草と納豆の梅鰹和えのレシピ概要

食べやすい

ほうれん草と納豆の梅鰹和え

健康
89kcal

3工程

作りたい!+
ほうれん草と納豆の梅鰹和え_sub1ほうれん草と納豆の梅鰹和え_sub2ほうれん草と納豆の梅鰹和え_sub3
管理栄養士
梅の風味が効いているため、ホウレンソウや納豆が苦手な方にもおすすめです。野菜プラスもう一品!という時にいかがですか?ホウレンソウや納豆はカルシウムやビタミンKの豊富な食材であり、骨の材料であるカルシウムは骨粗しょう症予防に不可欠な栄養素です。また、ビタミンKは、摂取したカルシウムを効率よく吸収するのに役立ちます。

By

材料

  • 1人分
  • 2人分
  • 3人分
  • 4人分
ホウレンソウ 5株強 160g
梅干し<粗く刻む> 2g
納豆 1.5パック 60g
めんつゆ<3倍濃縮> 小さじ2 10
ゴマ(白) 小さじ1弱 2g
鰹節 少々 1g

栄養素

<1人分換算>

  • エネルギー 89kcal
  • たんぱく質 7.5g
  • 脂質 3.8g
  • 糖質 2.9g
  • カルシウム 79mg
  • ビタミンD 0μg
  • ビタミンK 396μg
  • 食塩相当量 0.7g

使用する調理器具

  • まな板1回以上洗い
  • 鍋

このレシピを見ている人は以下のレシピも見ています

関連キーワード

  • ツイート
  • シェア
  • はてなブックマーク

大切なあなたと家族に、管理栄養士監修のヘルシーなレシピや献立を!「ソラレピ」

大切な家族だから、家庭では健康的でバランスの良い食事を提供したい。だけど毎日のご飯やお弁当のおかずなどの献立を考えるのは大変…
そんなお悩みに「ソラレピ」は、管理栄養士が監修するレシピ&厚生労働省が定める3大栄養素(タンパク質・糖質・脂質)の基準を満たした日替わり献立で“家族の健康的な食生活”を実現します。
また各レシピには5大栄養素の含有量も記載されていますので、必要な栄養素を取って健康を維持する食事提供にお役立て頂けます。

トップへ