作るのは一品のみ。朝ごはん献立7日分

作るのは一品のみ。朝ごはん献立7日分

「朝は忙しいので朝ごはんは手早く済ませたい」けれど「バランスの良い食事を提供したい…」
そんなご要望にお応えする『自分で作るのはたった1品&あとは市販品を組み合わせ』ですぐに用意できるバランス朝ごはん献立を7日分ご用意いたしました。
また、本献立は日本人が不足しがちな「カルシウム」「食物繊維」を1日に必要な量の約1/3摂れる献立となっています。
一週間の朝ごはんをこの献立で“ルーチン化”するのもおすすめです。

・各献立のメインのレシピはタップできます。材料や作り方をご確認ください。
・メインのレシピ以外は市販品になります。スーパーやコンビニ等でご購入ください。

チンゲン菜とツナのごまマヨサラダは、ゴマの風味とマヨネーズのコクが美味しい副菜です。
チンゲン菜は、他の具材とともに切って、茹で時間の長いものから茹でていけば、あとは和えるだけでOK!
シャキシャキ食感をお楽しみください!

 

一人暮らしの方は、ブロッコリーとベーコンのチーズ焼きと食パンを一緒にトースターで焼いてしまえば、一石二鳥!時短になります。
ブロッコリーにはビタミンCが含まれ、ビタミンCは、皮膚や粘膜を健康に保ちます。
ビタミンCたっぷりの献立をお楽しみください。

 

朝ごはんの定番、目玉焼きを巣ごもりたまごにアレンジすれば、ボリュームがアップするだけでなく、ビタミンCもたっぷり摂れる献立に!
ジャガイモに含まれるビタミンCは、熱に強いため、効率よく摂取でき、デザートのキウイもビタミンCが豊富なためおすすめです!

 

キャベツとカニカマのサラダは、加熱調理がいらない、切って和えるだけの簡単メニューです。
キャベツの緑、カニカマの赤、コーンの黄色で彩りも良いため、献立に1品添えるだけで華やかになっておすすめです!

 

ニンジンには、β-カロテンが含まれます。
β-カロテンは脂溶性ビタミンで、油と一緒に摂ることで吸収率がアップするため、ニンジンしりしりのように油で炒めて摂るのがおすすめです。
ニンジンの千切りは、スライサーやピーラーを使用すれば簡単に手早く出来ますので、ぜひお試しください♪

 

ジャガイモとブロッコリーのカレーサラダを作る際、「茹でるのが面倒臭い」という方は、電子レンジで加熱すると時短になります。
ブロッコリーとジャガイモは、100gあたり2分を目安に加熱して下さい。
牛乳には、カルシウムが含まれ、カルシウムは日本人が不足しがちな栄養素です。
牛乳に含まれるカルシウムは、他の食品に含まれるものよりも吸収率が良いため、おすすめです♪

 

とにかく手間を省きたい!という方は、厚揚げを手でちぎってしまいましょう。
包丁とまな板を洗う手間が省けるだけでなく、ちぎることで調味料が染み込みやすくなるのでおすすめです♪
厚揚げには、カルシウムが含まれ、カルシウムは骨の健康維持に役立ちます。

 

7日分のバランス朝ごはん献立、いかがでしたでしょうか?
お気に入りの献立が見つかっていれば嬉しいです。

本特集を参考にしていただきながら、市販品も上手に組み合わせながら時短&栄養バランスの両立した朝食を目指しましょう。

 

こちらもおすすめ

 

ソラレピは管理栄養士が監修した美味しくてヘルシーな料理レシピサイトです

ソラレピでは、ご飯やお弁当のおかずに加えたくなる簡単料理から、季節の食材を使った美味しい料理をご紹介しています。
さらに、ソラレピで紹介するレシピは全て管理栄養士が監修しているので、美味しいだけではなく、バランスを考えた食事が摂れます。
美味しくてヘルシーな献立で毎日のお食事をお楽しみください。

トップへ